ラ・フィー ブログ Ballet Studio La Fee blog

      

La Fee blogでタグ「振り付け 八田先生 3月」が付けられているもの

今日から3月です。今日は朝から子供たちのリハーサルでした。
午前中にバーレッスンして、お昼から振り付け。
予定通り進み、安心しました。まだ半分残っているけどね。

しかし、うちの子供たちは感心するほど、よく動く・・・と思います。今日は3・4・5年生の振りだったんですが、ま~~ちょろちょろよく動いて踊ってくれます。幼児クラスの時から無理やり動かす訓練をしているからだと思います。

私の振りの強い影響は、京都の恩師八田先生にあります。先生の作品はほんと、最初はぜんぜん動けなくって、どうやってそこまで、しかも回りながらいくの~~とか、そこからのポジションじゃ脚あげられないよ~~という無謀な振りがたくさんあったのですが、やってくうちにそれができてきて、絶妙なバランスで踊れるようになるのです。8カウントの中に10個のパが入っている感じ。できるようになってきたら、音と踊りの一体感ってか、すごい音の中に入って踊っている自分がいるのです。だから先生の創作はすごく好きだったし、今でもマネしたくなるような作品でいっぱいなのです。

まだまだ先生のようには、作品はつくれませんが・・・ほんと、踊りきったとき、あ~~できちゃった、踊れちゃったって感動を生徒たちにもわかってほしく、結構強引な振りつけてます。
だから、今はどの踊りも、1曲終わったら、ぜーぜーはーはー・・・どんな若い生徒もしんどそうです。
でも、これから、長い時間をかけてリハーサルしていくうちに、きっと踊れるようになります。たぶん、どんどん楽しくなっていくはずです。

振りを覚えて、体に入った時点がゴールではなく、スタートなのです。
みなさん、がんばってくださいね。